Une Vie Sympathique♪

楽しい、美味しい、素敵なフランスの普通の日々

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リンゴジャム☆

先週末2週間振りにノルマンディーへ行ったら・・・
庭のリンゴが沢山落ちていました 
今年の夏もお天気悪かったので収穫にはちと早いです 

傷みが激しいもの 鳥の食べかけリンゴは捨てましたが
40個以上のリンゴを回収しました

gelee01.jpg

赤くなっているとは言え まだすっぱいリンゴ達
これだけあるので意を決してリンゴジャムを作ることに・・・

数年前に見つけたレシピは皮を剥かなくてもいいのですが
無農薬のリンゴなので虫が潜んでいないか念入りに
調べなくてはなりません

リンゴの芯をとって細かく切る作業を始め 数分後

うぎゃぁ~
   リンゴと一緒に指先を切ってしまいました!

血が出ても慌てずに・・・特効薬はコレ ↓
gelee02.jpg
どこのお宅にもある コショウですよ~
手当の仕方は簡単 血がドボドボ出ている時に
ドバッと傷口に振りかけます 

傷口にコショウなんて!と思っていらっしゃる皆さん
Don't worry! 痛いことは絶対イヤな弱虫な私が
やっていることですから まぢ痛くありません

傷口以外に付いたコショウをはらって・・・作業を続けます

             gelee03.jpg
   
             45分後・・・リンゴはまだ残っていますが・・・
             指の傷は血も止まり あら?不思議!傷口が
             全然目立たなくなりましたっ


リンゴを煮て     ジュース搾り   お砂糖を加えて煮詰めたら・・・
gelee04.jpg gelee05.jpg

           出来上がり~ 
gelee06.jpg

毎年同じことをやっているのに出来上がりが違います

今年はしっかり固まってくれました ウヒヒ~ 

リンゴを収穫したら又この作業をしなくてはならないのかぁ・・・
って こんなにリンゴジャム作ってどーするんだ???
スポンサーサイト

| 食・料理 | 00:41 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Hommage a Maestro Pavarotti

concert_convert_20080916043437.jpg去年9月6日に亡くなった 今世紀最大のテノール マエストロパヴァロッティへのオマージュコンサートへ土曜日の晩行ってきました トップ御用達のサンクルー公園で野外コンサート(チケット5€!) 雨が降ってもおかしくない様なお天気・・・傘を持ってセーター着て厚手のジャケット来た人達でいっぱいでした (警察は4万~4万5千人の観客を予想)


70名の豪華オーケストラ、テノール歌手のRoberto Alagna( ロベルト・アラーニャ)をはじめとするオベラ歌手+フランスやイタリアのバラエティー歌手があつまりました


オベラ歌手としてクラシックを歌うパヴァロッティ 生まれ故郷で募金活動のためにPavarotti and Friendsチャリティーコンサートを開催し世界的に有名なミュージシャン達と一緒に歌うパヴァロッティ


オペラとは無縁に等しい私ですが あの透き通って響き渡る彼の歌声にはいつも背中がゾクゾクしました パヴァロッティが歌う Nessun Dormaのビデオでコンサートが開幕 涙なしには聞けなかったです


目の前で(と言っても私達はすごく後の方でしたが)オベラ歌手が次々に歌うオペラ(私も全然知らないわけじゃなかったんだ!)それにロベルト・アラーニャの生声が聴けたのは光栄なことでございます 3大テノールの次に自分を置いている方ですから


concert2_convert_20080915054521.jpg


Pavarotti and Friendsのコンサートでパヴァロッティとスティングが熱唱したAve Mariaのビデオもありました スティング大ファンの殿は感激! 色々な人がパヴァロッティと一緒にAve Mariaを歌いましたが パヴァロッティとスティングのコラボが一番いいかも これも涙なしでは見れなかった!鳥肌立ち過ぎ!

パヴァロッティの好きだったVolare(ボラーレ)、O Sole Mio ( オーソレミオ)も歌われ 最後はWe are the Worldの合唱とパリの夜空に華やかに飾った花火大会でコンサートは終りました


花火の音がしますのでワンちゃんと一緒にご覧の方ご注意下さい
 花火の怖いトップで試しましたが反応ありませんでした


どんなコンサートになるのか全く想像がつかなかったけど(フランス歌手の顔ぶれ見たらちょと引いてしまった殿)パヴァロッティのスピリットなるものがあった良いコンサートでした
オペラに行ってみようと思ったのは私だけではないと思う


気温12度 立ちっ放しはかなり堪えました! 腰が・・・


来週日曜日にこのコンサートがテレビで放送されます 
今度は家で座ってゆっくり鑑賞することが出来ますわ・・・

| パリ・イベント | 23:42 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。