Une Vie Sympathique♪

楽しい、美味しい、素敵なフランスの普通の日々

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス Feast♪

2008122601.jpg



最後の最後までクリスマスモードになれなかった私ですが
なんとかクリスマスイヴに間に合いました


今年は義母と同じアパートに住むお友達(ジビママ)と
ジビ&ウスターと一緒にクリスマスディナーをしました

2008122602.jpg


シャンパンで乾杯のあと


A Table !


▼前菜 フォアグラと鴨の薫製のパイ包み&クラシック・フォアグラ
2008122603.jpg

フォアグラのお供に貴腐ワインで有名なソーテルヌを
冷凍庫で冷やしたグラスでどうぞ~
2008122604.jpg


▼ サーモンマリネ
2008122605.jpg


     ▼ ホタテと小エビのヘーゼルナッツクリームソース byジビママ
2008122606.jpg



ホタテ料理に是非と生産者から勧められた
リースリング ヴァンダンジュ・タルディヴ
(vendanges tardives 遅摘み) 2004
2008122607.jpg



お口直しのソルベの後は・・・


▼ フィレミミョンのロースト 洋梨添え
2008122608.jpg


チーズもあったのですが・・・
パス!



▼ デザート サクランボのティラミス byジビママ
2008122610.jpg


食事が終った時にはすでにサンタさんが
ワンズのために沢山プレゼントを置いて行ってくれました
 

2008122611.jpg





~*~*~*~


クリスマスに食べる代表的な物に生牡蠣があります
ディナーのメニューに生牡蠣の入る余地がなかったので
クリスマスランチに登場しました

2008122612.jpg


又 シャンパンでかんぱ~い (シャンパンロゼ) 
2008122613.jpg


生牡蠣の写真を・・・と思った時は 遅過ぎた!
あっという間になくなってました


クリスマスランチのメインは・・・
                            小さいサイズのお好み焼き 
2008122614.jpg
クレープ・ジャポネと人気でした ウフフ~


牡蠣同様前の晩食べられなかった物達が続々と登場です
2008122615.jpg

クリスマスランチが終ったのは5時過ぎ・・・
勿論夜ご飯はパス!

テーブルについている時間の方が長かった24時間でした



サンタさんありがとう♪
2008122616.jpg
スポンサーサイト

| 食・料理 | 23:32 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Paris by Night

YouTube


クリスマスはすぐそこまで迫って来ているのに 心の準備が・・・

出来ていません!!!




クリスマス前最後の先週末我が家のサンタクロースを連れて
パリ市庁舎のお隣のデパートへラストミニットの買い物へ


▼ 今年も市庁舎前にはスケートリンクが出来ています
2008122201.jpg


先週風邪を引いて2日半全く何もしなかったので予定が大幅に狂って
います(風邪を引かなくても狂っていたと思う・・・)


2008122202.jpg


ここの所寒さが和らいだのと土曜日の夕方ということもあって
どこもかしこも 人・人・人・・・


2008122203.jpg


▼ BHVデパート
2008122205.jpg


▼ BHVのワンニャン館 可愛いお洋服いっぱい
  トップは着ないからつまんない おもちゃは買いましたよ
2008122206.jpg


超特急で買い物を終え・・・

セーヌ川を渡り (やはりパリは美しい・・・)

2008122207.jpg



クリスマスモードを高めるために
ノートルダム寺院のもみの木を見に行きました
今年は何故かクリスマスモードにのりきれない・・・

2008122208.jpg


サンジェルマン・デ・プレ教会付近にマルシェ・ド・ノエルが
あるので行ってみたのですが、途中アイリッシュパブでビールを
飲んだりご飯を食べたりしていたら閉まっていました
そんなに遅くないし(多分9時頃)人も沢山いる土曜日の夜に
早々に店を閉めてしまうなんて・・・おフランスです


『ダ・ヴィンチ・コード』の舞台になったサン・シュルピス教会前の
広場でもマルシェ・ド・ノエルをやっているはず・・・
はい ここも閉まっておりました ガックリ
 
▼ ブルーに輝くヴィスコンティ作の噴水
2008122211.jpg


お店が閉まってしまうと一気に寂しくなるパリの大通り

2008122212.jpg


雨だったり寒かったり風邪引いていたりでほとんど
クリスマスデコレーションを見る機会を失ってしまったので
歩き回りました (1月下旬までクリスマスデコレーションを
楽しむ事はできますが・・・やはりクリスマスの前に見たい)

2008122213.jpg



明日のクリスマスディナーは義母とお友達2人+3ワンズ
もうディナーまで24時間切ってますが・・・

どーなるんでしょう??? 一応メニューは決まりましたっ!


皆様の所にサンタさんが沢山の幸せを運んでくれますように~


234Joyeux Noel! 234Merry Christmas! 234クリスマスおめでとう!



255おまけ255

むむっ! 可愛くて美味しそうなチョコレート達

2008122209.jpg 2008122210.jpg

| パリ | 22:08 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう一つの理由

シャンパンを買うだけでなく ランスに来た理由は・・・

▼ ここ ノートルダム大聖堂
2008122101.jpg

13世紀のゴシック建築の最高傑作と言われています
ここはカトリック司教の座です (聖公会で言うと
カンタベリー大聖堂的な教会です)

フランス初代の王様クロヴィスが洗礼を受けた場所
であり フランス歴代国王の載冠式が行われた所です

2008122102.jpg

▼ 大聖堂内部の天井の高さはフランス随一
2008122103.jpg

▼ 入り口の上のローズウィンドー 
2008122104.jpg


▼ やはりゴシック建築は美しい
2008122105.jpg


▼ 大聖堂の一番奥の礼拝堂はシャガールのステンドクラス
20081221060.jpg


▼ 北側のローズウィンドー(天地創造を物語っています)
2008122107.jpg



去年はクリスマス前にアミアンの大聖堂へ行きしばし静かな
時間を過ごしました 今年はランスの大聖堂です

2008122108.jpg


普段全く教会と関係のない生活をしている私ですが
教会へ来ると何故か不思議な気持ちになります

2008122109.jpg


今日12月21日は父が神様の元に戻ってから10年になります
もうそんなに月日が流れてしまいました

聖公会では教会に個人がろうそくを灯すしきたりがありませんが
今年も又 父、義父、祖父母、そして虹の橋を渡って行ったワン
ちゃん達のために 1本1本心をこめて火を灯しお祈りしました

2008122110.jpg


父が愛犬のゴンちゃまと一緒に私達のことを笑いながら見てくれている
感じがしました 







ランスの街でもマルシェ・ど・ノエルをやっていました
省エネの電気でここもブルーに輝いていました

2008122111.jpg


マルシェ・ド・ノエルは本来クリスマスの物を売っていて
そこでクリスマスの飾りなどを一つずつ揃えたらしいの
ですが・・・今ではどこのマルシェ・ド・ノエルへ行っても
クリスマスとは関係ない物を売っていてその土地の飾りとか
見かけることがなくなってしまいました

2008122112.jpg


ただ1件だけ手描きのオーナメントを売っている
ところがありました

2008122113.jpg


さて来年はどこの大聖堂でろうそくを灯すことが出来るでしょうか???

| フランス国内旅行 | 23:58 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バブリー☆ラブリー★

    久しぶりの青空!
2008122001.jpg
         
    クリスマスに欠かせないバブリーなシャンパンを買いに
    ランスまで行って来ました

    おフランスの新幹線TGVが開通して パリーランス間は45分
         
    シャンパンの買い出しのため今回は車で行きました
       
                               



    高速を降りるとあたり一面シャンパン畑が広がっています

    有名なシャンパンをはじめ どれを選んで良いか分からない程
    色々な物があり お値段もピンからキリまで・・・
    もう何年も前 殿がワインの見本市で『Michel Tixier』という
    シャンパンを見つけて以来 ここで買っています

        
2008122002.jpg




シャンパン屋さんのお勧めでドンペリの故郷エペルネの北にある
『La Maison du Vigneron de Champagne』でランチ

2008122003.jpg

    やはり 大変美味しいシャンパンでした!
    車じゃなかったらボトル1本オーダーしたかった・・・

2008122004.jpg



Mise en Bouche(一口前菜=先付、お通し)
フォアグラとイチジクのスープ  
2008122005.jpg



    前菜???
    サーモンとエビの海鮮ソース
2008122006.jpg



メイン
殿 ウズラのフィレ 栗とマッシュルール
2008122007.jpg



    メイン
    私 Empereur ”皇帝” (ヒウチダイ キンメダイの大きい物)の
    レモンバターソース なかなか見かけない魚ですが好きなんです
2008122008.jpg



シャンパン地方のチーズ (名前を聞いたのですが忘れました!)
2008122009.jpg


         
    デザート
    チョコレートケーキ、クランブルレ、ラズベリーシャーペット
2008122010.jpg


思いがけず一足早いゴーカなクリスマスランチでした!

2008122011.jpg

勿論夕食はパス! 幸せな気分でランスの街へ・・・


La Maison du Vigneron
Route National 51
51160 St Imoges
tel: +33 3 26 52 88 00
メニュー 24€~52€

| レストラン | 23:20 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

24歳&84歳

『歌手になりたい』って思う人 いっぱいいますよね
スター誕生(古いっ!)のような番組が2本がこちらでも大流行り


『歌手になりたかった』Michael Gregorio(ミカエル・グレゴリオ)24歳!
 
でも彼の場合ただ歌うのではなく・・・
何十人と言う有名アーティストの物真似をするんです

そのうえ Gary MooreのギターやLouis Armstrongのトランペットまで
真似してしまう・・・ 見て~見て~



Gregorio.jpg

彼が特別コンサートをするというので行ってきました

出演者は彼一人なのにバラエティーにとんだ色々な曲を
楽しむことが出来ました 観客の層も広い!

YesterdayをPaul McCartneyとRay Charlesになって熱唱したり
まぁ 各アーティストの特徴を把握して本物かと思ってしまうほど

1時間半を超えるコンサートの最後はスタンディングオベーション
テレビでは何回も見たことありますが 生は迫力がありました
このコンサートのDVD発売は決まったな!

あのギターの真似をして彼の喉や声は大丈夫なんだろうか?
なんてちょっと心配になってしまいましたけど・・・

あ~ 楽しかった




             





最近感激したモノ・・・

世界中に知られているおフランスの有名シャンソン歌手
Charles Aznavour(シャルル・アズナヴール)の最新CD『Duos』(2枚組)

12月8日の発売と同時に買ってしまいました

aznavour.jpg

来年85歳になるシャンソンの師匠が世界の有名アーティスト
プラシド・ドミンゴ、スティング、フランク・シナトラ、エディット・ピアフ、
エルトン・ジョン、ポール・アンカなどと共演のチョー豪華アルバム!

1枚目はフランス語、2枚目は英語、スペイン語など


そろそろクリスマスソングでも聴こうかなぁ?






 おまけ 
一足早いクリスマスのプレゼント by 殿
ノルマンディーのマルシェ・ド・ノエルで買ってもらいました

クリスマスディナーの時 デビューする予定
何を乗せようかな?
assiette1.jpg

おまけにこんな可愛い入れ物も頂いてしまいました
assiette2.jpg

| Musik & Concert | 15:29 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アン怖ヤーブル!

日本のようにサービス精神旺盛にしてくれとは言いません
でも・・・あまりにも酷過ぎます

文句を言ってもラチが開かないから言っても仕方ないの
ですけどね

事の起こりは先週・・・




お友達から『送った荷物の追跡調査で不在のため持ち帰り』に
なったとメールがきました

はあ???

配達された時間には家にいましたよ 262
それに入っているはずの不在届けも入ってないじゃん! 262

メールを頂いた時はノルマンディーにいて 週明けまで
郵便局に取りに行けないので パリの友達に伝票番号を
知らせ取りに行ってもらうようにしたのですが・・・

いつも未配達の小包が保管されている郵便局にない!


poste1.jpg


日本からのEMS便はこちらでは郵便局(La Poste)の
子会社クロノポスト(Chronopost)が担当しています

パリのアパートは大抵ドアコードが付いていて郵便配達
の人達はドアコードを知っているのですが クロノポスト
の配達員は知らないらしい・・・ だから入れない!
と言うことで荷物の宛先にドアコードもしっかり記入して
頂くようにしました

これでめでたし♪ 問題解決!したはずなんですが・・・

それでも届かない262

お友達が送ってくれた荷物には大きくドアコードが書いて
あります それに家の電話番号も・・・

お友達が連絡してくれて伝票番号を知らせてくれたので
助かりましたが・・・知らなければ どこかの郵便局に
保管され2週間したら又日本に戻って行くという運命を
たどっていた訳です

今年6月にこの事件が発生しました!
そして8月にも!(この時は私から荷物が着いたと連絡の
ないお友達が心配して連絡しれくれたので 荷物がこちら
にあると言うのが初めて分かりました)

不在届けさえ入っていたら・・・

poste2.jpg


週明け 朝から電話をしまくりました
ますはいつも預かってくれる市役所前郵便局
伝票番号を言うとコンピューターで調べている様子
しかし・・・荷物を保管している部屋に行って確認せず
ここにはありませんと言うのです

じゃあ何処で預かっているんですか?

分かりません・・・クロノポストに連絡して下さい

貰った電話番号は・・・『お客様専用フリーダイヤル』
じゃないんですよ~ 1分間15セント(18円)の有料ダイヤル262

録音されたメッセージから担当者に繋がるまですでに5分!

市役所前の郵便局に保管されています

はぁ? 今市役所前の郵便局に電話したらないって
言われたんですけど・・・

そうですか・・・(全く驚いた様子なし)
◇◇郵便局にありますね


で 家の側の◇◇郵便局に電話しました

ここにもない!

やっとこのことでクロノポストに連絡取ってもらって
荷物の保管場所が分かったら電話してもらうように
交渉しました 

poste3.jpg


1時間後・・・
◇◇郵便局から電話がありました 

▲▲郵便局にあるそうです

本当ですね ▲▲郵便局にも確認取ってくれたんですね?

取ってませんが クロノポストがそう言いましたから・・・


▲▲郵便局は家から離れているので行く前に電話を・・・

なかなか電話に出てくれません 眠そうな声の係員が
やっと電話に出てくれました

事の成り行きを話・・・調べてくれている雰囲気はあるの
ですが 電話の向こうでは同僚と文句たらたら・・・
全部聞こえてましたから・・・

その間 別の電話が鳴りだしました 誰も取る気配なし
(私が電話を切るまで鳴り続けてました 約25分!)

結局ここにもないという事が判明

クロノポストに連絡して在処が分かったら電話してくれ~
と頼みましたが・・・夕方になっても連絡なし


もう一度クロノポストに私が電話しました

かくかくしかじか・・・

▲▲郵便局ですね

だから~ そこにはないっつーの 262

おかしいなぁ? 配達担当に連絡して調べますね

って最初からそうやって調べてる訳じゃなかったんだ!

その日は▲▲郵便局からもクロノポストからも電話なく終わり

poste4.jpg


翌日 待っていても仕方ないのでクロノポストに電話

毎回電話に出る担当者が違うから全て一から説明し直し

市役所前郵便局ですよ~ (かなりきっぱり言ってる)

・・・・・。 (言葉を失った)


振り出しにもどる・・・

電話したけど繋がらない(出ない)前日の▲▲郵便局のように
私の電話は皆に無視され鳴り響いているんですよね きっと

怒っても仕方ないと分かっていても・・・
かなりキィーとなってました

電話が通じないんなら
市役所前郵便局まで行くっきゃない!



だるそうな係の人に何で不在届け持っていないのか?とか
聞かれ 体中の力が抜けました あほっ262

身分証明書渡したのに 住所と名前聞かれ・・・
証明書に書いてあるだろ! 読めよ!

10分後 荷物を持って係の人が戻ってきました!

初めからここに保管されていた!!!

前日のたらい回しは何だったんだろう?

ドアコードも電話番号もはっきり書いてあるんですが
どうしてちゃんと配達されないんですか?
と思わず無駄なことを聞いてしまいました

文句はクロノポストに言ってくれということです
はぁ~ これまで沢山文句言ってきました でも
言ったところで何かが改善される事はありえない



EMSークロノポストは上手くいけば宅急便の速さで
配達されて便利なんですよ 

又しても郵便局&クロノポストの詰めの甘さを実感しました


ありえない事が沢山起る おフランス
『アン怖ヤーブル(incroyable)なおフランス』という
カテゴリを作っちゃいました 書き出したら止らなくなりそう

長いのを最後まで読んで下さってありがとう~
あ~ すっきりしました

poste5.jpg
I ♥ LAって??? 郵貯の宣伝 
もっとオリジナルなアイディアはないんかい?

| アン怖ヤーブルなおフランス | 14:27 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の空

foret1.jpg

あっという間に葉が散って冬景色のノルマンディー

foret2.jpg

クリスマス・イルミネーションで輝くパリとは全然違います
ボンボンの木(ヤドリギ)が姿を現しました

foret3.jpg

寒くて、風が強く、大雨の典型的な冬のお天気

foret4.jpg

薄日が射して来たかと思うと 又大粒の雨・・・雨・・・雨

foret6.jpg

あ~ 日が暮れていく・・・あっと言う間に一日が終ってしまう

foret7.jpg



アンビリーバボーなお話


先週木曜日(4日)の夕方 チョー高級ブティックの建ち並ぶ
モンテーニュ通りにある『ハリー・ウィンストン』宝石店に
4人組の男(3人は女装していたとか)が押し入り 総額8000万
ユーロ(94億円!!!)のダイヤモンドや宝石など持ち去り
パリの街に消えて行ったとか・・・
去年10月にも1000万ユーロ相当(12億円)の宝石類が盗まれた
らしい・・・ アルセーヌ・ルパンの現代版???
多分犯人達はブティック内部の人と通じていたとしか考え
られない しかしこれだけのダイヤや宝石盗んでどうするん
だろう? ヨーロッパじゃ売ることはまず無理 
Diamonds are a Girl's Best Friendと微笑むのは 多分東欧か
ロシアの方はないでしょうか?




434 ブーダン・ブランとノルマンディーの
  塩バターでソテーしたリンゴ
foret8.jpg

| ノルマンディー | 02:44 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。